谷咲ナオミ
★★バイオグラフィー★★


サウンドプロデューサーとして、数々の大ヒットを生み出すジョー・リノイエが1998年にヴォーカリストオーディションを実施した。応募総数1500名の中から選ばれた合格者はたったの一人----それが谷咲ナオミ、彼女である。弱冠13歳の彼女は天性とも言える類稀なヴォーカルトーンと声量を合わせ持ち、以後ジョーのもとで様々な形のヴォーカルトレーニングを受け、磨きをかけた。 そして2004年11月、ジョー書下ろしのこの曲をひっさげ本格的な活動を開始します。 アニメシーンにとどまらず、あらゆる音楽世界に彼女の分身『唄』を広めていきます。これからの谷咲ナオミに目が離せません!!

もどる